あなたの発電所、実は損していませんか?

太陽光発電所不具合事例集

成長した草木の発電量への影響

草木に覆われた太陽光パネル

 野立ての発電所では、パネル周辺の雑草や木の成長に対して十分に注意する必要があります。 特に夏場は雑草や木の枝葉は驚くべきスピードで成長し、放置するとパネルに影がかかり発電量に影響を及ぼす可能性があります。
 上の写真では、発電所の端の草木が成長しパネルに影がかかる状態になっています。 この時の「Yield Vision」デイリーレポートを確認すると、午前中に少しだけ発電量が低下していることがわかります。
 建物や電柱等の建築物による影の損失は、通常は影が伸びる冬に大きくなりますが、 草木による影は夏場にもっとも大きくなります。また、草木の成長や風によって損失の大きさが時間帯で変動することもあり、 注意深く発電所の発電状況を観察する必要があります。

  • 雑草の影により損失が発生したYield Visionデイリーレポート午前中の発電量実績値(赤)が計算値(青)に比べてわずかに低下している

    雑草の影により損失が発生したYield Visionデイリーレポート

太陽光発電所のトラブルや損失は、

「Yield Vision」で明らかになります。

無料の太陽光発電所の自動診断サービス「Yield Vision」Webページ

くわしくはこちら